私にとっては救いであり癒しでもある

福岡のSMクラブに最近はよく通っていています。店内では官能の世界を体験しています。私のように特殊な性癖を持つ人間にとって、SMクラブは非常に重宝しています。普通の女性の前で、鞭で打たれるのが好きとか、女性の靴を舐めるのが好きと言ったら、間違いなく変質者扱いされますし、絶交されるかもしれません。

しかし、SMクラブなら私の存在なんてごく普通ですし、女性はみんな私を受け入れてくれます。この受けて入れてくれるという所が、私にとっては救いであり癒しでもあるのです。何だか哲学的な話ですが、こうしたサービスを提供してくれるお店があるおかげで自分に存在意義を見出せるのです。

お店に行けば、自分を受け入れてくれる女性がいるというのは、それだけでも頼もしいですね。今後もお店に通って、SMプレイを楽しんでいきたいと考えています。退屈な日常に刺激を与えてくれるSMは、私にとってはなくてはならない物です。もちろん、お店も必要不可欠ですね。

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

カテゴリー: SMクラブ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です